110回医師国家試験

妊娠中の急性虫垂炎の診断が難しい理由3つ

妊娠中の急性虫垂炎の診断が難しい理由

妊娠に伴って子宮が大きくなるため、虫垂位置が頭側に移動するから。

また、妊娠によって生理的に白血球が増加する。

子宮によって症状が隠されることも原因。

発症頻度は、妊娠していない時と変わらないが、穿孔や腹膜炎をきたすと、流早産となりやすいので、治療は開腹手術が1st。

おそらく診断が遅れて穿孔を来たしやすいと考えられる。

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA