皮膚科

活性型ビタミンD3外用の作用機序

活性型ビタミンD3外用の作用機序

活性化したビタミンD3は皮膚の過剰な増殖を抑えたり、抗炎症作用を示す。

なので、掌蹠膿疱症や尋常性乾癬などでステロイド外用と併用して使われると考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA