必修

二次溺水の病態、治療

二次溺水の病態

二次溺水により、間質などのサードスペースに吸収された水分が、12〜24時間後に再び血管内に入り、肺水腫となること。

二次溺水の治療

溺水後は、1日程度の入院による経過観察が必要。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA