模試

アルコール性ケトアシドーシスの病態、治療

アルコール性ケトアシドーシスの病態

アルコール依存症による栄養不良により、β酸化が起こり、ケトン体が増えることで代謝性アシドーシスとなる。

悪心・嘔吐、腹痛などの消化器症状が先行する。

アルコール性ケトアシドーシスの治療

輸液

VitB1投与:ウェルニッケ脳症の予防?

電解質補充

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA