110回医師国家試験

エンドトキシンとは?

エンドトキシンとは?

グラム陰性桿菌の細胞壁の構成成分であるリポ多糖類(LPS)。

エンドトキシンが体内に侵入すると、血管内皮障害や血管透過性亢進、好中球や凝固系の活性化を引き起こし、エンドトキシンショックや多臓器不全をきたす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA