内科の薬

ビーフリードの効果、用法・用量、副作用は?

ビーフリードとは?

ビーフリードとは、主に腕などの末梢静脈からの栄養補給に使われる輸液製剤です。

ビタミンB1、ブドウ糖、電解質、アミノ酸が含まれていて栄養補給目的に使われます。

ビーフリードの組成

カロリーは210kcal/500mlなので、それほど多くはなく、これのみで絶食患者の1日に必要なカロリーを補給するのは難しい。

本剤の使用は3〜5日程度の短期間にとどめ、経口摂取、経腸管栄養などの他の栄養方法に変更する必要がある。

ブドウ糖濃度は7.5%と少し高いか。

K、P、Mgなど電解質は一通り含まれている。

ビーフリードの効果

下記状態時のアミノ酸、電解質、ビタミンB1及び水分の補給

・経口摂取不十分で、軽度の低蛋白血症又は軽度の低栄養状態にある場合

・手術前後

食欲不振や軽度の意識障害などで、口からの栄養摂取が不十分な場合に使われます。

また、手術前後などで経口摂取ができない場合にも使用されます。

ビーフリードの用法・用量

用時に隔壁を開通して上室液と下室液をよく混合する。

成人:1回500mLを末梢静脈内に点滴静注

投与速度:成人500mLあたり120分を基準

高齢者、重篤な患者には更に緩徐に注入。

最大投与量:1日2500mLまで

ビーフリードが2層に分かれている理由

出典

ビーフリード輸液は上室液と下室液の2層に分かれています。

使用時に混和して使用します。

これはブドウ糖液とアミノ酸液を混合して加熱すると、芳香を放ち、褐色化するからです。

この反応はメイラード反応と呼ばれています。

ビーフリードの重大な副作用

ショック

副作用はほとんどありません。

ビーフリードの禁忌

肝性昏睡又は肝性昏睡のおそれのある患者:アミノ酸の代謝が十分に行われないから

重篤な腎障害のある患者又は高窒素血症の患者:水分や電解質の過剰投与になりやすいから

乏尿のある患者

うっ血性心不全のある患者

高度のアシドーシス(高乳酸血症等)のある患者

高カリウム血症、アジソン病の患者

高リン血症、副甲状腺機能低下症の患者

高マグネシウム血症、甲状腺機能低下症の患者

高カルシウム血症の患者

閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者

アミノ酸代謝異常症の患者

チアミン塩化物塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある患者

ビーフリードには、アミノ酸、ブドウ糖、B1、電解質が含まれているので、それらの投与に問題がある基礎疾患がある場合に禁忌となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA