内科の薬

ファモチジンの作用機序、副作用、禁忌、効果は?

ファモチジンとは?

ファモチジンの商品名はガスターです。

日本では1985年に発売されました。

胃酸抑制薬として使われています。

ファモチジンの作用機序

胃粘膜の壁細胞のH2受容体を遮断することで、胃酸分泌を抑制する。

ファモチジンの効果

○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群

○下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

食道、胃、十二指腸の潰瘍や炎症といった病変がある場合に有効と思われる。

ファモチジンの用法・用量

○胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群

成人:1回20mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与

また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することも可

 

○上部消化管出血の場合:注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切りかえ。

 

○下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善 急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

成人:1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与。

1回20mg を1日1回(就寝前)経口投与することも可。

 

○腎機能低下患者の場合:クレアチニンクリアランスに応じて投与量、間隔を調整

 

ファモチジンの禁忌

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

禁忌は特にない。

ファモチジンの重大な副作用

ショック、アナフィラキシー

再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、血小板減少

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)

肝機能障害、黄疸

横紋筋融解症

QT延長

意識障害、痙攣

間質性腎炎、急性腎不全

不全収縮

頻度は不明だが、副作用は意外と多い。

ファモチジンの作用時間

水なしで服用すると約3時間で最高血中濃度に達する。

半減期は4.6時間。

水で服用すると、早く最高血中濃度に達し、半減期は短くなる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA