模試

リンパ球性下垂体炎で高プロラクチン血症となる理由

リンパ球性下垂体炎で高プロラクチン血症となる理由

下垂体腫大により、下垂体柄が障害されることで、視床下部からの抑制がなくなるため、プロラクチンが増加すると考えられる。

 


出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/459854/

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA