模試

リンパ脈管筋腫症の病態、症状、診断、治療

リンパ脈管筋腫症の病態

腫瘍性の疾患。

肺、腎臓、リンパ管などで平滑筋に似た性質をもつLAM細胞が増える。

妊娠可能年齢の女性に好発。

リンパ脈管筋腫症の症状

労作時呼吸困難

気胸:LAM細胞が肺の構成成分であるコラーゲンを分解する酵素を出すことで肺に穴をあける

乳び胸:リンパ管が腫瘍により閉塞するから?

リンパ脈管筋腫症の診断

CT:びまん性の薄壁嚢胞

確定診断:肺生検

リンパ脈管筋腫症の治療

シロリムス(mTOR阻害薬)など

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA