小児科

亜急性硬化性全脳炎の病態、3つの症状

亜急性硬化性全脳炎の病態

麻疹罹患後、5〜10年経過してから発症する中枢神経疾患。

学業成績不振、性格変化、ミオクローヌスが初発の症状。

脳波で周期性同期性高振幅徐波群が特徴。

根治治療はない。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA