公衆衛生

保健所の業務は?

保健所の業務は?

保健所とは、健康を保つ場所と考えて、公衆衛生を向上させるための機関と考える。

なので、公衆衛生に間することが主な仕事となる。

保健所の業務
地域保健に関する思想の普及 地域の公衆衛生を向上させるのも重要
人口動態統計や地域保健の統計 人口動態統計などの統計も公衆衛生には重要と考える
栄養の改善と食品衛生 食品衛生に気をつけないと食中毒が出てしまうので重要
環境の衛生(住宅,水道,下水道,廃棄物処理,清掃) 水道、下水、清掃などの環境衛生も公衆衛生に関わる
医事と薬事 医療機関や薬を監視することも公衆衛生に関わる
保健師に関すること 保健師が働く場所なので、保健師に関することも仕事
公共医療事業の向上と増進 公共医療事業も公衆衛生に関わる
母性,乳幼児,老人の保健 母性,乳幼児,老人の保健もそのまま公衆衛生のこと
歯科保健 そのまま
精神保健 そのまま
難病の保健 そのまま
感染症の予防 そのまま
衛生上の試験と検査 衛生上の試験も行う

基本的には公衆衛生を向上させる場所なので、様々な疾患や人の保健を担うと考えるとだいたいわかる。

しかし、人口動態統計、食品衛生、環境の衛生、医事と薬事も監視するというのは認識しておくべき。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA