婦人科

卵巣癌の病態、症状2つ、診断、治療

卵巣癌の病態

卵巣は細胞分裂が盛んなので、様々な腫瘍ができる。

エストロゲン依存性の疾患なので、子宮体癌と同じく、エストロゲンが増加する肥満、排卵誘発剤、未産婦などがリスクとなる。

卵巣癌の症状

無症状のうちに進行し、Ⅲ、Ⅳ期で見つかることが多い

腹部膨満感:腹腔内に露出しているため、腹膜播種をきたしやすく、腹水が貯留するから

急性腹症:茎捻転による

卵巣癌の診断

エコー、MRI

確定診断は手術による病理診断

卵巣癌の治療

手術、化学療法

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA