血液内科

原発性マクログロブリン血症の病態、症状、診断、治療

原発性マクログロブリン血症の病態

形質細胞に近い成熟B細胞が増殖し、IgMを産生する。

過粘稠度症候群が主な症状。

IgMは5量体を形成するので、血液がドロドロになりやすいから過粘稠度症候群が起こりやすい。

原発性マクログロブリン血症の症状

視力障害:網膜静脈にソーセージ様の怒張

神経症状

レイノー現象

過粘稠度症候群によって、血液がドロドロになり、血行障害をきたすから。

原発性マクログロブリン血症の診断

IgM↑↑

原発性マクログロブリン血症の治療

症状が軽度:経過観察

そうでない場合:化学療法

過粘稠度症候群:血症交換

原発性マクログロブリン血症は多発性骨髄腫と病態がほぼ同じなので、治療も同じと考える。

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA