模試

大腸癌まとめ

大腸癌まとめ

病態 大腸の粘膜に悪性腫瘍が発生する
好発年齢 50〜70歳代
好発部位 直腸
S状結腸
組織型 腺癌(ほとんど)
リスク因子 高脂肪食
運動不足
家族歴(KRAS遺伝子変異)
早期癌と進行癌の分類 早期癌:粘膜下層までに留まる
進行癌:固有筋層以下に浸潤したもの
※胃癌と同じ
血行性転移の場所 肝→肺の順に多い
症状:早期 無症状
症状:進行 腹痛、下痢、便柱狭小化、血便
診断 免疫学的便潜血反応(一度でも+)
直腸指診:腫瘤触知
大腸内視鏡:易出血性の隆起性病変
注腸造影:アップルコアサイン(全周性の壁不整を伴う狭窄)
腫瘍マーカー CEA、CA19-9
治療:結腸 結腸切除術
Rs:直腸S状部 高位前方切除術
Ra:直腸上部 低位前方切除術
Rb:直腸下部 腹会陰式直腸切断術+人工肛門造設術(マイルス手術)
合併症 イレウス
腸重積

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA