113回医師国家試験

妊娠中の糖尿病で出生後に新生児が低血糖となる理由

妊娠中の糖尿病で出生後に新生児が低血糖となる理由

妊娠中の胎児は、母体からの過剰なグルコース供給が行われるので高血糖になる。

ゆえに、胎児の膵臓からインスリンが大量に分泌されるため、膵臓のβ細胞が過形成をきたす。

分娩後は母体からのグルコース供給が遮断されるにもかかわらず、新生児のインスリン分泌は変わらないので、インスリン過剰になることで、低血糖をきたしやすい。

 

 

【医師限定】「メドピア」登録で2,000円もらえるキャンペーン中!

医師向けに、薬剤情報提供サービス「メドピア」ができました。

現在会員募集に力を入れている段階で、2,000円分のポイントがもらえる登録キャンペーンを実施中です。

すでに会員の医師からの紹介で登録すると、2,000円分のポイントがもらえます。

私の紹介で良ければシリアルコード【ycflqt】で登録してみてください。

詳しい登録の手順は「メドピアの登録のやり方」にまとめました。

シリアルコード【ycflqt】で登録!

メドピアの登録のやり方は?シリアルコード・紹介コードを入力するのはここ!メドピアの登録のやり方をわかりやすく解説します。 シリアルコード・紹介コードの入力を忘れると2,000ポイントをもらうことができま...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA