産婦人科

妊娠高血圧症候群の病態、治療

妊娠高血圧症候群の病態

PIH:pregnancy induced hypertension

妊娠高血圧、妊娠高血圧腎症などに分類される。

代表的な妊娠高血圧腎症では、高血圧、たんぱく尿をきたす。

高血圧による血管内皮障害により腎臓が障害されることで、たんぱく尿による低蛋白血症などをきたし、循環血漿量が減少すると考える。

血管内脱水となっていることに注意する。

胎児機能が障害され、胎児発育不全や胎児死亡に至ることもある。

妊娠高血圧症候群の症状

高血圧、蛋白尿

妊娠高血圧症候群の治療

対症療法:安静、降圧薬(メチルドパ、ヒドララジン、Ca拮抗薬

子癇の予防:硫酸マグネシウム

母児に障害がある可能性ありなど:ターミネーション

胎児が未熟な場合は妊娠を継続する。

160/110以上の重症例:

子癇予防のため硫酸マグネシウム

24〜34週未満:

妊娠を継続しターミネーション+ステロイド(肺が成熟していない場合)

34週以降:

ターミネーション

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA