公衆衛生

寒冷地域で塩分摂取量が高い理由

寒冷地域で塩分摂取量が高い理由

東北地方では、味付けが濃く、塩分摂取量が高くなっている。

これは、塩分を摂取することで体温を維持してきたから。

塩分摂取により、循環血漿量が増えて、血圧が上がるため、暖かい血流が末梢まで届くので、体温が維持できると考えられる。

また、東北地方では、1年の3分の1が深い雪に覆われるので、昔から収穫した食料を塩蔵して保存していた。

こうした食文化が今も継承されているからと考えられる。

なので、東北地方では胃癌が多いと覚える。

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA