必修

小児ではなぜリンパ節を触知することが多い?

小児ではなぜリンパ節を触知することが多い?

小児はリンパ臓器の発達が著しいから。

生理的な口蓋扁桃の腫大と同様に、リンパ節も生理的に腫大するため、多数触知することも少なくないと考える。

また、小児ではリンパ球が優位に増殖をする時期がある。

特に生後2週~5歳くらいでは著しく、リンパ節をよく触れるという。

【生理的なリンパ節の腫れ】 頚部にはそらまめ大の大きさのリンパ節が多数存在していますが、大人ではほとんど触知しません。ただし、首がスリムな人で触知する場合もあります。また、扁桃腺が肥大している年齢の小児は、リンパ組織の活動も活発なため、普段でも小指頭大のリンパ節を多数触知することは珍しくありません。

出典:http://home.e-catv.ne.jp/jibika/naze56.htm

 

 

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA