110回医師国家試験

急性閉塞性化膿性胆管炎の病態、治療

急性閉塞性化膿性胆管炎の病態

総胆管結石により、胆管が急激に閉塞し、胆汁がうっ滞し、細菌感染をきたす。

急性胆管炎が重症化すると、急性閉塞性化膿性胆管炎となり、胆道内圧が急激に上昇する。

その結果、大量のエンドトキシンを含む胆汁が血管内に逆流し、敗血症→DIC→多臓器障害となり死亡する。

急性閉塞性化膿性胆管炎の治療

保存的治療を行いつつ胆道ドレナージでうっ滞を解除する

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA