110回医師国家試験

悪性症候群の病態、症状、治療

悪性症候群の病態

パーキンソン病治療薬のレボドパの急な中断、抗精神病薬(ドパミン受容体拮抗薬)の投与、脱水によって、ドパミン神経系の急激な機能低下が起こり、発症する。

レボドパの急な中断によりドパミンが不足したり、抗精神病薬によってドパミンの作用が遮断されることで起こると考える。

悪性症候群の症状

高熱

CK↑↑

錐体外路症状(筋強剛)、自律神経症状(頻脈、発汗、よだれ)

悪性症候群の治療

抗精神病薬の副作用の場合:抗精神病薬の中止

パーキンソン病薬の急激な中断が原因の場合:パーキンソン病薬(ブロモクリプチン)再開

輸液、ダントロレン、全身の冷却

筋弛緩薬の一つであるダントロレンを使う。

筋強剛に対して使うとイメージすれば覚えられる。

ダントロレンは悪性高熱症と悪性症候群どちらにも使う。

輸液はCKが上昇するからか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA