必修

悪性高熱症の病態、診断、治療

悪性高熱症の病態

常染色体優性遺伝で家族内に発生する。

揮発性吸入麻酔薬と脱分極性筋弛緩薬(スキサメトニウム)の併用に合併する。

麻酔中に高熱、筋強直、ミオグロビン尿をきたす。

悪性高熱症の診断

問診により家族歴、既往歴を聴取。CK値を検査。

悪性高熱症の治療

家族歴などがあれば誘因薬物を使わない麻酔を行う。

ダントロレン

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA