必修

悪性高熱症の病態、診断、治療

悪性高熱症の病態

常染色体優性遺伝で家族内に発生する。

揮発性吸入麻酔薬と脱分極性筋弛緩薬(スキサメトニウム)の併用に合併する。

麻酔中に高熱、筋強直、ミオグロビン尿をきたす。

悪性高熱症の診断

問診により家族歴、既往歴を聴取。CK値を検査。

悪性高熱症の治療

家族歴などがあれば誘因薬物を使わない麻酔を行う。

ダントロレン

 

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA