産婦人科

抗リン脂質抗体症候群でなぜ不育症となる?

抗リン脂質抗体症候群でなぜ不育症となる?

抗リン脂質抗体症候群で不育症ときたすのは、抗リン脂質抗体という自己抗体によって、血栓ができやすくなる。

すると、絨毛の発育が妨げられ、胎盤の血流が悪くなる。

その結果、流産をきたしやすくなる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA