産婦人科

抗リン脂質抗体症候群でなぜ不育症となる?

抗リン脂質抗体症候群でなぜ不育症となる?

抗リン脂質抗体症候群で不育症ときたすのは、抗リン脂質抗体という自己抗体によって、血栓ができやすくなる。

すると、絨毛の発育が妨げられ、胎盤の血流が悪くなる。

その結果、流産をきたしやすくなる。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA