模試

時間依存性と濃度依存性の抗菌薬の違い

時間依存性抗菌薬と濃度依存性の抗菌薬の違い

時間依存性抗菌薬 濃度依存性抗菌薬
特徴 血漿中薬物濃度が一定以上である時間が長いほど効果的 血漿中薬物濃度が高いほど効果的
最適な投与方法 分割投与 1回投与量を増やす
抗菌薬 ペニシリン系
セフェム系
マクロライド系
カルバペネム系
アミノグリコシド系
ニューキノロン系
覚え方 広域なものとメジャーなもの 濃いアニキ
ア:アミノグリコシド系
ニキ:ニューキノロン系


出典:http://nakabayashi-jibika.seesaa.net/archives/20190113-1.html

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA