公衆衛生

有機リン中毒で多汗が見られる理由

有機リン中毒で多汗が見られる理由

汗腺は、交感神経支配だが、コリン作動性神経で支配されているため、有機リンがコリンエステラーゼを阻害することで、アセチルコリンの作用が高まる結果、発汗が亢進するから。


出典:https://kanri.nkdesk.com/hifuka/sinkei23.php

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA