110回医師国家試験

有機リン中毒の病態、治療

有機リン中毒の病態

有機リンは、アセチルコリンエステラーゼをリン酸化することで活性を無くさせる。

その結果、アセチルコリンが分解されないため、アセチルコリンの刺激が過剰になる。

ゆえに、副交感神経刺激症状として、縮瞳、流涎、流涙などをきたす。

有機リン中毒の治療

PAM

PAMはリン酸化したアセチルコリンエステラーゼからリン酸基を剥がすことで、アセチルコリンエステラーゼ活性を回復させる。

時間経過とともに、リン酸化が不可逆になるので、24時間以内に投与が必要。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA