研修医

洞性頻脈と発作性上室性頻拍(PSVT)の違い

洞性頻脈と発作性上室性頻拍(PSVT)の違い

洞性頻脈 発作性上室性頻拍(PSVT)
病態 洞結節からの興奮が頻繁となっている状態だが、洞調律 心房内や房室接合部付近(合わせて上室)に興奮が発生して起こる
症状
(発熱、精神的緊張、アルコール摂取などが原因なので問題ない)
動悸、息切れ、胸痛
P波 あり しばしば確認できない(病態によってはある)
QRS波 narrow narrow
発作の起こり方 徐々に上昇 突然起こり、突然消失
心拍数 100~180/min 150~250/min
治療 必要なし ベラパミル
ATP製剤
カテーテルアブレーション
心電図
出典

出典

発作性上室性頻拍(PSVT)は、房室結節回帰性頻拍(AVNRT)、房室回帰性頻拍(AVRT)、心房頻拍(AT)などの不整脈の総称であることは覚えておきたい。

洞性頻脈は動悸や胸痛の訴えがなく、心電図でP、QRS、Tが確認できれば判断できるか。

一方、PSVTは発作性に動悸や胸痛が起こり、高度な頻脈があり、心電図でP波がない場合に診断できると思われる。

ただし、心電図でP波が見られることもあるようなので、症状や発作の起こり方、既往歴などから総合的に判断すれば良いかと思う。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA