禁忌対策

熱中症で解熱薬(NSAIDs)はなぜ禁忌?

熱中症で解熱薬(NSAIDs)はなぜ禁忌?

熱中症では脱水により、腎機能が低下する。

解熱薬であるNSAIDsにはプロスタグランジン産生抑制→腎血管収縮による腎血流量減少という作用があるため、さらに腎機能を低下させるから。

腎障害
NSAIDsによるプロスタグランジン産生抑制
→腎血管収縮による腎血流量減少+ヘンレループでのナトリウム再吸収増加+抗利尿ホルモン作用亢進 →尿量減少
となり、腎血流量低下と尿量減少から腎機能低下例では腎不全に至ることがある。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E6%80%A7%E6%8A%97%E7%82%8E%E7%97%87%E8%96%AC

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA