消化器内科

特発性細菌性腹膜炎の病態、症状、診断、治療

特発性細菌性腹膜炎の病態

非代償性肝硬変で腹水が貯留した患者で、粘膜防御機能低下により腸管から細菌が腹腔に侵入する。

特発性細菌性腹膜炎の症状

発熱、腹痛、腹膜刺激症状

特発性細菌性腹膜炎の診断

腹水穿刺:好中球↑

特発性細菌性腹膜炎の治療

広域スペクトラム抗菌薬

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA