必修

癌の末期での輸液の量は?

癌の末期での輸液の量は?

1日500mL程度の最小限の輸液を行うことが多い

癌の末期では、低栄養により低蛋白血症となるので、血管内に水分を保持できず、肺水腫や浮腫をきたすから。

尿量からin-out-balanceを考慮する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA