模試

経カテーテル的動脈塞栓術の仕組み、目的、適応

経カテーテル的動脈塞栓術の仕組み

仕組み 血管内に挿入したカテーテルから金属コイルなどの塞栓物質を入れて、血流を停滞させたり、血栓化させる。
目的 止血
腫瘍塞栓
適応 動脈出血:出血の責任血管を塞栓することで止血する
腫瘍:腫瘍の血流を遮断することで腫瘍を壊死させる
血管奇形
動脈瘤
など

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA