産婦人科

羊水塞栓症の病態、症状、診断、治療

羊水塞栓症の病態

分娩時に母体の血中に羊水や胎児成分が流入することで、ショック、DIC、子宮出血などをきたす。

母体死亡率は40〜80%と高い。

羊水塞栓症の症状

分娩中、直後に突然胸痛を伴う呼吸困難。

瞬時にショック、呼吸停止。

DICや大量出血をきたす。

羊水塞栓症の診断

胎児心拍数陣痛図:突然の変動一過性徐脈、遅発一過性徐脈、遷延性徐脈

循環不全により胎児が徐脈になる?

羊水塞栓症の治療

酸素投与
抗ショック療法(輸液、輸血、昇圧剤)
抗DIC療法(FFP、濃厚血小板など)

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA