110回医師国家試験

肝硬変の治療

肝硬変の治療

肝硬変の治療は代償期と非代償期でわける。

進行抑制、発がん予防、合併症の予防と治療が主になる。

合併症 治療
代償期 原疾患の治療など
非代償期 浮腫、腹水 塩分制限
血漿蛋白補給
利尿薬(スピロノラクトン):RAA系亢進を抑制する
消化管出血 定期的に上部消化管内視鏡
肝性脳症 低タンパク食
食物繊維をとる(便秘が誘発するから)
根治療法 肝移植

代償期は原疾患の治療。

非代償期は合併症ごとに考える。

合併症として、食道・胃静脈瘤破裂、腹水・浮腫、肝性脳症をあげてそれぞれについて考える。

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA