113回医師国家試験

肺塞栓症で閉塞性ショックとなる理由

肺塞栓症で閉塞性ショックとなる理由

肺塞栓症では、巨大な血栓によって主肺動脈が閉塞すると、右室流出路が閉塞し、右室からの拍出が阻害されるから。

ゆえに、閉塞性ショックと分類できる。

閉塞性ショックには、胸腔内圧の上昇によるもの、心嚢内圧上昇によるものに加えて、右室流出路の閉塞が原因のものもあると考える。

あくまでも分類なので、心臓の周りから圧迫されるものだけではないことが重要。

外頚静脈の怒張=閉塞性ショックと考えると良いか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA