必修

胃食道逆流症(逆流性食道炎)の病態、原因、症状、診断、治療

胃食道逆流症(逆流性食道炎)の病態

胃内容物が食道へ逆流する

胃食道逆流症(逆流性食道炎)の原因

原因
下部食道括約筋の機能不全 高脂肪食
食道裂孔ヘルニア
薬剤性(Ca拮抗薬)
肥満
妊娠
前屈位
胃酸分泌過多 ピロリ菌除菌
食道粘膜の清掃機能が低下 強皮症
加齢
その他 重症心身障害児

胃食道逆流症(逆流性食道炎)の症状

胸焼け、呑酸

前屈、食後、夜間に多い

胃食道逆流症(逆流性食道炎)の診断

上部消化管内視鏡:粘膜障害(発赤や白苔)

24時間pHモニタリング:食道内pH4.0未満となる時間が4~5%を超える

食道内圧測定:下部食道括約筋の静止圧↓

胃食道逆流症(逆流性食道炎)の治療

生活指導:禁煙、減量、就寝時のファウラー位など

薬物療法:PPI

手術:逆流防止手術

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA