模試

脊髄損傷高位と残存機能、できることまとめ

脊髄損傷高位と残存機能、できることまとめ

※重要
損傷高位=残存する機能の最も尾側の高位

例)C5損傷=C6以下の障害

損傷高位が、残存する機能の最も尾側の高位を示すことは絶対に覚えておく!

損傷高位 残存機能
C1 人工呼吸器必要
C2 呼吸完全停止
C3 呼吸困難
C4 呼吸困難
肩甲骨挙上
横隔膜は主としてC3〜5支配。
C3がダメになると呼吸は完全停止。
C4以下は上位がダメになるほど呼吸障害が強くなる
C7 肘関節伸展
手関節屈曲
自動車運転可能(条件が良い例)
T7〜12 体幹屈曲 長下肢装具と松葉杖で歩行可能

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA