公衆衛生

脳梗塞の治療や調整の流れ

脳梗塞の治療や調整の流れ

急性期病院での治療 脳梗塞の治療
転院先の検討(ソーシャルワーカーへ連絡)
合併症の評価(嚥下機能の評価、心房細動などあれば心血管系の評価)
リハビリの経過から現状の麻痺の状態を把握
回復期リハビリテーションに転院 患者や家族との相談、カンファレンスにてリハビリのゴールを検討
在宅
グループホーム
有料老人ホーム
身体障害者診断書(障害固定してから)
介護保険主治医意見書を作成

発症直後は、急性期の専門病院で治療を受ける。

回復期になると、回復期リハビリテーション病院でリハビリに励み、最終的には退院して、在宅ないしグループホーム、有料老人ホームなどで療養する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA