小児科

自閉症とアスペルガー症候群の鑑別

自閉症とアスペルガー症候群の違い

自閉症 アスペルガー症候群
好発性別 男児 男児
対人関係発達障害 + +
興味や活動の極端な限定 + +
年齢
鑑別!
3歳以前に発症(言語の発達遅延があるので検診でわかる) 3歳以降に気付かれる
言語の発達遅延
鑑別!
+:多い
意思伝達の発達遅延
鑑別!
+:多い
知能障害
鑑別!
+:多い

自閉症とアスペルガー症候群は、どちらも発達障害の中の自閉症スペクトラム障害に含まれる。

どちらも男児に好発し、対人関係に障害があり、興味が限定な点で同じである。

しかし、自閉症は言語や意思伝達の発達遅延や知能障害が見られるため、3歳以前に気づかれるが、アスペルガー症候群は言語の発達や知能は正常なので、気づかれず、青年になって発覚することもある。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA