婦人科

萎縮性膣炎の病態、症状、治療

萎縮性膣炎の病態

エストロゲン分泌低下により、膣が萎縮をきたしたり、分泌物が減少する。

膣の防御が減少し、酸性だった膣内pHが上昇することで、殺菌作用が低下する。

その結果、細菌感染による膣炎をきたす。

萎縮性膣炎の症状

そう痒感:炎症が起こるから

点状発赤

不正性器出血

接触出血

血性、黄色の膿性の帯下:細菌感染による

萎縮性膣炎の治療

エストロゲン製剤膣内投与

エストロゲン低下が原因なので、エストロゲン製剤を使用する。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA