必修

血液型と交差適合試験はなぜ2回に分けて採血する?

血液型と交差適合試験はなぜ2回に分けて採血する?

交差適合試験はABO型、Rh式血液型だけではなく、それら以外の血液型に対する不規則抗体等による赤血球凝集が起こらないかどうかも確認する検査。

受血者の血液と輸血する血液を試験管内で実際に掛け合わせて行う。

血液型検査を行って、判明した血液型に適合する血液を用意し、それと実際の患者の血液とを試験管内で混ぜて異常が無いかを確認する必要があるから。

また、検体の取り違えによるミスを防ぐため、交差適合試験には血液型検査とは別の時点で採血された検体を用いる。

違う血液を輸血すると取り返しのつかないことになるので、血液型検査→交差適合試験という2段階を踏むと考える。

 

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA