血液内科

軽症の血友病A,Bとフォンウィルブランド病はいつ発見される?

軽症の血友病A,Bとフォンウィルブランド病はいつ発見される?

先天性疾患なので、通常は生後6ヵ月から3年以内に出血傾向で気付かれることが多い。

しかし、軽症例では、幼児期以降に外的要因が加わったときに筋肉内出血などで発見されることが多い。

なので、17歳の男子で運動後、殿部に疼痛と腫れがあるというエピソードが起こりうる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA