必修

輸血後GVHDの病態、症状、治療、予防

輸血後GVHDの病態

輸血した血液に含まれるドナーのTリンパ球が拒絶されず、増殖し、組織を攻撃する。

新鮮血や血縁者からの輸血はHLAが似ているため起こりやすい。

輸血後GVHDの症状

輸血後1〜3週間で、

発熱、紅斑、下痢、肝機能障害など

紅斑+発熱、下痢といった胃腸炎のような症状+肝機能障害と考える。

Tリンパ球の増殖に時間がかかるので、すぐには起こらないと考える。

輸血後GVHDの治療

なし

輸血後GVHDの予防

新鮮血、血縁者からの輸血を避ける

輸血用血液に放射線を照射:Tリンパ球の機能を抑える

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA