禁忌対策

運動療法の禁忌

運動療法の禁忌

糖尿病(空腹時血糖250mg/dL以上かケトン体陽性)

増殖糖尿病性網膜症による眼底出血あり

糖尿病による自律神経障害あり

腎不全あり

高血圧(180/100mmHg以上)

心肺機能に障害あり(コントロールのつかない心不全など)

肥満(BMI 30以上)

など

運動療法は糖尿病、腎不全、高血圧、肥満、心不全などの全身状態が悪い場合に禁忌になると考える。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA