婦人科

過度の体重増加により続発性無月経となる理由

過度の体重増加により続発性無月経となる理由

エストロゲンは卵巣だけでなく、皮下の脂肪細胞でも作られる。

ゆえに、肥満によって脂肪細胞からのエストロゲン産生が増加すると、フィードバックによって下垂体からの卵胞刺激ホルモン(FSH)分泌が抑制される。

それにより、卵巣機能不全となり無月経となる。

FSHがでないと卵巣でエストロゲンがでないので、子宮内膜が発育しないからと考える。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA