必修

過換気症候群の病態、症状、診断、治療

過換気症候群の病態

心理的要因などにより、器質的疾患がないのに、過剰な換気が生じて、身体症状や精神症状をきたす

過換気症候群の症状

突然の呼吸困難、多呼吸、テタニー

テタニーは呼吸性アルカローシスによって、遊離Ca2+↓による

過換気症候群の診断

器質疾患を除外すること

過去に同じ発作を繰り返したことがあるか、不安や緊張の原因があるかを問診することが重要

動脈血ガス:PaO2↑、PaCO2↓、pH↑

過換気症候群の治療

混乱や不安感を取り除いて、ゆっくり呼吸させる

発作が改善しない場合:鎮静薬、抗不安薬を考慮する

心因性の場合があるので、原因となる混乱や不安感を取り除く。

また、多呼吸が病態の原因なので、ゆっくりとした呼吸を促すと考える。

マッチングや診療科選びに悩む方必見!医師の進路選びnoteがおすすめ!

研修病院マッチング、診療科選びなどの医師の進路選択において役立つnoteです!

給料、QOL、将来の診療科の動向などについて書いています。

「研修病院どこにしよう…」

「将来の診療科が決まらない…」

そんな将来に悩む、医学生や初期研修医の方におすすめです!

全部個別に買うと1万円以上するのですが、マガジンで買うと5千円で全て読むことができます!

noteを見てみる

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA