必修

閉塞性黄疸の病態、症状、診断、治療

閉塞性黄疸の病態

胆管が閉塞することで胆汁がうっ滞して黄疸をきたす

閉塞性黄疸の症状

灰白色便、脂肪便、濃褐色尿

ビリルビンが腸管へ行かないため灰白色便となる。

また、脂肪の吸収ができないため、脂肪便となる。

閉塞性黄疸の診断

尿ウロビリノゲンー、尿ビリルビン+

灰白色便、脂肪便

腹部エコー・CT:胆管拡張


出典:105F28

ビリルビンが腸管でウロビリノゲンに変化しないので、尿ウロビリノゲンは検出されない。

しかし、胆汁が血液の中に再吸収され、腎臓から排泄されるので、尿中にビリルビンが検出される。

閉塞性黄疸の治療

ドレナージ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA