整形外科

骨粗鬆症の病態、症状、診断、治療

骨粗鬆症の病態

閉経後の女性に好発し、骨強度が低下し、骨折しやすくなる

胸腰椎移行部に好発。

骨粗鬆症の症状

椎体圧迫骨折

大腿骨近位部、橈骨遠位部骨折

骨粗鬆症の診断

骨密度が若年成人平均値の70〜80%未満

骨粗鬆症の治療

腰背部痛に対して:NSAIDs、カルシトニン

積極的なCa、VitC,D,Kの摂取

ビスホスホネート、活性型VitD3製剤、女性ホルモン製剤など

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA