模試

骨髄異形成症候群の予後予測で重要なもの3つ

骨髄異形成症候群の予後予測で重要なもの3つ

染色体核型:5q欠損のみは予後良好など

骨髄の芽球比率:芽球比率が高いほど骨髄の不全が進行していると言える

末梢血で減少する系統数:減少する血球が多いほど予後不良なのはなんとなく理解できる

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA