婦人科

黄体機能不全の病態、治療

黄体機能不全の病態

黄体機能不全により、プロゲステロンの分泌が低下するため、子宮内膜を維持できなくなるので、黄体期が短縮する。

機能性出血を伴うこともある。

黄体機能不全の治療

排卵誘発療法:排卵がないことが原因の場合もあるから

黄体賦活療法:黄体を刺激する

黄体ホルモン補充療法:黄体ホルモン自体を投与する

高プロラクチン血症がある場合:ドパミン作動薬

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA