産婦人科

B群溶血性連鎖球菌感染症(GBS)の病態、診断、治療

B群溶血性連鎖球菌感染症(GBS)の病態

GBSは膣の常在菌であり、産道感染する。

感染した新生児の1%が敗血症、髄膜炎などをきたす。

GBSは生後3ヶ月以内の新生児、乳児の細菌性髄膜炎の起因菌でもっとも多い。

B群溶血性連鎖球菌感染症(GBS)の診断

33〜37週に母体の分泌物培養検査を行う

B群溶血性連鎖球菌感染症(GBS)の治療

分娩中にペニシリン点滴静注

予防的に投与する

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA