血液内科

Coombs(クームス)試験まとめ

Coombs(クームス)試験まとめ

仕組み 赤血球の細胞膜に結合している免疫グロブリンが存在しているか否かを調べる試験。
患者の赤血球を使うものを直接クームス試験。
患者の血清を使うものを間接クームス試験
陽性となる疾患 自己免疫性溶血性貧血
Rh式不適合妊娠による感作(間接クームス試験:母体の血清の方が採取しやすいから)

クームス試験とは?


出典:http://plaza.umin.ac.jp/~histsite/fukisokukoutai.pdf

赤血球の細胞膜に結合している免疫グロブリンが存在しているか否かを調べる試験。

患者の赤血球を使うものを直接クームス試験。

患者の血清を使うものを間接クームス試験という。

自己免疫性溶血性貧血では赤血球に対する自己抗体ができるので、陽性となる。

Rh式不適合妊娠で母体が未感作なら、間接クームス試験で陰性となる。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA